科学部


活動日
毎週火曜日
活動内容
・化学実験
・生物実験
部員数

2020年度 

3年( 10 )名
2年(  4 )名
1年(  5 )名

活動実績

文化祭(スライム作り、展示)
天体観測

 

ひとこと

 安全に楽しく活動しています

日誌

科学部活動日誌

葉脈標本作り

日誌の方をしばらく更新していませんでしたが、2月4日(火)の部活動は葉脈標本を作りました。

 

葉っぱをアルカリ性の溶液で煮た後、歯ブラシで叩いて葉肉を取り除き、ラミネートしました。

時間がなくて漂白、染色はできませんでしたが、これで葉脈標本のしおりになります。

 

    

天体観測を行いました2(火星の大接近)

ニュース等で話題になっておりますが、
2018年7月31日は火星と地球が5759万キロメートルまで「大接近」します。

この大接近は、2003年以来15年ぶりに地球と火星の最接近時の距離が
6000万キロメートルより近づき、次に今回より近づくのは17年後の2035年になります。


各地で天体観測が行われたと思いますが、本校の科学部も7月31日に天体観測を行いました。

また、金星、木星、土星も見え、4つの惑星を同時に観測することができました。







天体観測を行いました

3/26(月)に天体観測を行いました。

天候が心配されましたが、雲も少なく、
暖かい気候の下で観測することができました。

先週に雪が降ったのが嘘のように暖かくなり、
桜の開花も進んでいます。

稲荷山公園駅南口から稲荷山公園の桜を撮りました。



暗くなる前に望遠鏡のセッティングをしました。



天体観測の入門編として、主に月を観測しました。
上弦の月から1日過ぎていますが、半月ぐらいの方が観察しやすく、
クレーターもはっきり見えます。

天体観測の準備

2/6(火)は望遠鏡の使い方を中心に活動しました.。
望遠鏡に慣れておくため、明るいうちにピント合わせを中心に取り組んでいます。