- 狭山経済高校TOPICS ◇経高生の活躍◇ -

☆ 輝く経高生 ☆

【2学年】家庭総合 高齢者体験実習

高齢者を理解することを目的に高齢者体験実習を行いました。

体験キットは狭山市社会福祉協議会より貸し出していただきました。

関節が動きにくくなる、筋力が落ちて身体が重く感じる、耳の聞こえが悪くなる、白内障や視野が狭まる体験を通して、気づくことが多かったようです。

高齢ドライバーの事故についても、「なぜ、ブレーキとアクセルを踏み間違えるのかが実感できた。」「今までは免許証を返納すれば済む話だと思ったが、これからの人口減少を考えると簡単なことではないと思った」「なぜ、じいちゃんが大きな声で話すのかよくわかった」など、気づきの1時間でした。

3学年 【家庭総合】 子どもの貧困を考える~子ども食堂~②

生徒が考えた子ども食堂のメニューが子ども食堂で提供されています。

メニューに関して、狭山在住の薬学博士である長谷川秀夫先生よりお褒めのお言葉をいただいました。

「子ども食堂提供のイメージから脱し、食事として大切な食欲をそそる綺麗・美味しい弁当、栄養的にも栄養価の高い食材をふんだんに使用したメニューです」とのこと。

長谷川先生は日本人の食事摂取基準(2005年版)策定委員や日本食品標準成分表基礎データ作成委員、食薬区分の規制に関するミネラル検討委員を歴任されてきた方です。

来週以降も狭山経済高校の生徒が考えたメニューが子ども食堂で提供される予定です。

子ども食堂夢だいにんぐ-2024年2月3日.pdf

メール作成【2学年】

 

流通経済科2年生のソフトウエア活用の授業ではメールの作成を行いました。

 

連絡を取る手段としては、ラインやDM、電話などという声が上がりました。

実際にメールの文章を送信者に合わせて考えさせ、取り組ませると、黙々と入力していて少し驚きました。

 

新しい発見をした生徒もいて良かったです。

3年生になりましたら、ビジネスマナーの一環として、深く学ぶことがあると思いますので、覚えておくとよいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

進路指導!

昨日、狭山経済高等学校では1・2年生共に進路に向けた活動がありました。

 

1年生は様々な専門学校や大学、その他の外部講師をお招きして分野別の進路ガイダンスが行われました。

また2年生は、3年生の先輩方からリアルな進路体験報告を聞く時間でした。身近な先輩方から話を聞くことにより自身の進路活動について考える機会となりました。

 

狭山経済高等学校では、このように進路活動にも力を入れており就職だけではなく、進学にも力を入れた進路学習を行っております。

 

1・2年生共に自身の進路について考える機会となったのではないでしょうか?

3年生進路報告

※写真は、3年生による進路報告とそれを聞いている2年生の様子です。

【3学年】英語理解

3年生の英語理解の授業でショートスピーチの発表を行いました。

「卒業後の自分について」または、「狭山経済での思い出」についてを英語でスピーチしました。クラスメートの発表を聞き、それぞれの「思い」を感じることができました。

3年生は26日(金)から学年末考査になります。最後まで気を抜かず、しっかりと取り組んでいきましょう。