日誌

68)新人戦結果《男子バスケ部》

 

11月11日・12日と連戦で新人戦がおこなわれました。

まずは狭山経済初の県大会出場が決まりました。

教頭先生をはじめ、応援に来ていただいた保護者の方々ありがとうございました。

 

 

本校の初戦は新座柳瀬高校と初めて対戦し、1Qの入りが課題でしたが良い展開で終えることができました。

 

ですが、2Q以降のオフェンスが淡々としすぎて、いつもの攻める姿勢が弱かったです。ディフェンスではシュートチェックの甘さから失点が続きました。

 

2戦目の山村学園高校とも初めて対戦しました。

連戦ということもあり、疲れもあり、いつもの元気さが足りなかったと思います。

粘りさと我慢と話していて、顧問が予想していた通りの展開で進められました。

 

調子が良くない選手が多数いる中、2年生倉持(高萩北)は最後まで走り続けてチームを引っ張てくれました。

試合でいつも成長する姿が見られて良かったです。

 

夏休みから多数の練習試合を通して、また、普段の練習から選手の個性を見続けたことで、焦ることなく試合を終えることができました。

 

昨年の新人戦の棄権の悔しさと目標設定をブレずに練習し、達成できたことは選手を褒めたいと思います。

正しい練習と努力で「叶う」という経験は自分たちの力にしてほしいと思います。

目標は達成できましたが、部活動の目的を改めて伝えて、県大会に向けて、練習に励ませたいと思います。

 

 

 

そして、明日はvs所沢北高校です。

時間は14時30分試合開始で、会場は所沢市民体育館です。

 

 

 

 

中学生の皆さん

現在1年生が4人で、2年生を含めて11人という少ない人数でも県大会に出場が決まりました。

新チームになればメインで試合に出場するチャンスがあります。

実践的な科目を学びながら、心も身体も成長できる狭山経済高校のバスケットボール部で一緒に活動しましょう。

入学 ・入部をお待ちしております。